七生社

政治結社 七生社(しちせいしゃ)は東京都新宿区に本拠を置くは日本の右翼団体。

街宣車画像


略歴
昭和20年大東亜戦争の敗戦後、民族主義の故頭山秀三に師事した、私設銀座警察、豊田一夫を隊長に反共産主義運動の特別行動隊として殉国青年隊が結成。
銘々は、浜口雄幸首相狙撃事件を指揮した、故松木良三による「若者よ国に殉ぜよ」という、若人の犠牲的精神を養成する趣旨である。
日本の根幹を成す日本青年の育成を中心に、徹底した共産主義撲滅運動を展開。その後、発展的に日本青年連盟と改名された。
豊田一夫会長舎弟、留目栄七初代会長が300名の同志を糾合し、昭和49年、七生報国の決意の基に日本青年連盟から独立結成した。
・二代目に高橋潔が会長に就任し、全国に支部を開設して組織拡充に努めた。
・二代目高橋潔の兄弟分(論談同友会、故正木龍樹会長が総会屋として活躍)
・三代目に倉持正が会長に就任し、保守政治、教育問題を中心に正統派民族派団体として活躍。
・四代目に高橋潔総裁に指名され、七生社の行動、思想の中心的存在として活躍した上田政樹氏が現在の会長に就任。

現在は、日本民族派団体として、真に国へ貢献する為、思想的理論の確立を目指し、真性保守の論理を発揚し、日本を真の独立国家へと導くため、日本国憲法の改正を志す。

最高幹部
会 長 - 上田正樹
特別相談役 - 四家尚政
参与 - 林 昭夫
相談役 - 大川 洋
理事長 - 高木幸夫
幹事長 - 善村勝二
行動体長 - 吉添喜一
北陸支部 - 坪田有紀彦(勝友会)
東北支部 - 基心塾
北関東支部 - 朋友塾
後援会(七生社礎有志の会)


この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。

  • 最終更新:2017-01-04 15:28:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード