大日本生産党

大日本生産党(だいにほんせいさんとう)は1931年に結党された「国粋ファシスト」の政治団体。

概要
当初は黒龍会大阪支部長の吉田益三が提唱し、玄洋社系の内田良平の賛同を得て大阪中央公会堂において結成された。その後、1931年(昭和6年)11月20日、玄洋社系の頭山満内田良平等の黒龍会の主な構成員、日本国民党津久井龍雄急進愛国党などが合同し東京の赤坂の「三会堂」において結党式を行った。約1500名が参集した。本部は当時の東京市麹町区永田町に置かれた。1932年(昭和7年)1月には愛国急進党大衆党長野県連の秦数馬の一派、大日本帝国陸軍大阪労働組合、横浜自治革正党などが解消・入党し勢力を拡大した。

多くの国家主義団体は上部構造偏重であったが、大日本生産党は大衆に密着し、党員2万人を称していた。

しかし、1933年(昭和8年)7月の神兵隊事件において青年部員が多数連座し検挙され、さらに内部対立の影響もあって党員数は減少。1942年(昭和17年)6月には政治団体としての性格を持たない思想団体・大日本一新会に改組された。

機関誌
機関誌は「改造戦線」「興民新聞」の2誌。「打倒政党政治」のスローガンを掲げる。
1932年(昭和7年)5月15日の犬養毅総理大臣暗殺事件五・一五事件)に際しては「声明書」において「政、民両党が国家を害した公憤の激成」として擁護した。

政策
1、亡国的資本主義経済組織の根本的改革
2、生産者立国の国家統制
3、我利的金融の寄生虫、政、民両党絶対排撃
4、国賊共産党、全協、亜流共産主義党社会民主主義打倒

阿久津事件
1931年(昭和6年)12月、栃木県阿久津村で全農組合員・全国労働大衆党員らの小作争議に反対して暴行を重ねた。小作人側はこれに対抗して竹槍・日本刀での大乱闘となり、1932年(昭和7年)1月9日、大日本生産党の党員17名が殺傷された。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。

  • 最終更新:2012-03-12 00:05:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード