大東塾

大東塾(だいとうじゅく)とは1939年(昭和14年)4月3日に影山正治が中心となって結成された右翼団体。一般には全国組織の不二歌道会も含め「大東塾・不二歌道会」として知られる。1945年(昭和20年)8月25日には代々木練兵場で天皇に敗戦を詫びて14名が割腹自殺を行っている。

概要
大日本生産党などと同じく「伝統右翼」に分類される。「大東塾が動くときは昭和維新への決起の時」と言われたほどであり、右翼界・政界への影響力は極めて強かった。現在も活発な活動を行って居り、祭典や集会、講演会などを主催して居る。公安警察・公安調査庁の調査対象である。不二歌道会は1941年(昭和16年)創立の「新国学協会」に発し、大東塾塾長の影山が主宰した全国組織。「新国学協会」には保田與重郎林房雄浅野晃三浦義一尾崎士郎長谷川幸男らが同人として参加した。

月刊『不二』を発行。1947年(昭和22年)より毎年宮中勤労奉仕、勅題詠進、新穀献上を行う。伊勢神宮御造営奉賛活動、紀元節復活運動、「自衛隊内神社問題活動」、二重橋事件問責活動、明治維新百年祭運動、明治神宮復興奉賛活動、皇居防衛部隊設置要請活動、八月一五日慰霊行事運動、勤皇村建設運動、靖国神社国家護持運動、元号法制化実現活動などを展開した。また前代表・鈴木正男昭和天皇御製集「昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯」を刊行。

影山は1979年(昭和54年)に青梅の大東塾農場内で自決。塾長を継いだ長谷川は病没。2003年(平成15年)には、塾長格の鈴木が同じ農場内で自決。

現在も保守系の集会などで大東塾関係者を見ないことはなく、一貫不惑の維新運動を展開している。


本部の大東会館は東京都認可の財団法人。主に神道・国学・歌道関係者及び学生のための研修施設を設置運営。1965年(昭和40年)、学生寮を設立。

靖国神社国家護持運動
靖国神社の「国家護持」運動、靖国神社国営化法案問題でも大東塾は動きを見せている。日本遺族会会長は、「国家護持」のためには法案が靖国神社の非宗教化を約束したものでなければならないとし、それまでの態度を変えて非宗教化案に応じた。1969年(昭和44年)1月20日、これに憤慨した大東塾塾員が会談中に日本遺族会会長に暴行を加えた(懲役3月・執行猶予2年)。当時の大東塾塾監は会談を斡旋した吉橋公安調査庁長官に義理を立て、手の指を一本切った。

その他
現在、文化講座として詩吟教室と短歌教室を開催。武道場では空手教室を行う。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。

  • 最終更新:2012-11-02 11:10:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード