小林楠扶

小林 楠扶(こばやし くすお、1930年 - 1990年1月11日)は、日本のヤクザ、右翼活動家。暴力団・住吉連合会(後の住吉会)本部長、住吉一家 小林会初代会長、右翼団体・日本青年社初代会長。 帝京商業学校(後の帝京大学中学校高等学校)卒業。

略歴
昭和36年(1961年)10月13日、東京都大田区雪谷で、右翼団体「楠皇道隊」を結成した。
同年、楠皇道隊本部を東京都中央区銀座7-2-2に移した。
昭和44年(1969年)3月18日、楠皇道隊を発展的に解消させ、「日本青年社」を結成し、初代会長に就任した。 同日、明治神宮で、290名が参加して、結成式を行い、その後、ホテルニューオータニの芙蓉の間で結成披露宴を開催した。

平成元年(1989年)5月、小林楠扶は、寄居一家寄居真会会長に舎弟盃を与えた。これを切っ掛けに、住吉連合会と寄居一家の抗争事件が勃発した。


平成2年(1990年)1月11日、死去した。

同年1月16日、東京都目黒区の祐天寺で、小林楠扶の葬儀が営まれた。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。

  • 最終更新:2010-01-11 05:44:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード