崇神天皇

崇神天皇(すじんてんのう、開化天皇10年( 紀元前148 年) - 崇神天皇68年 12月5日(紀元前29年 1月9日)) は、『古事記』『日本書紀 』に記される第10代 天 皇(在位:崇神天皇元年 1月13日(紀元前97年 2月17 日) - 同68年12月5日(紀元前29年 1月9日))。和風諡 号は『紀』では 御間城入彦五十瓊殖天皇 (みまきいりび こいにえのすめらのみこと)。また、御肇國天皇(はつ くにしらすすめらみこと)と称えられる。『記』では 御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにえ)であ る。現代日本の学術上、実在可能性が見込める初めての天 皇であると言われている。

  • 最終更新:2012-02-24 02:54:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード