殉国青年塾総本部

殉国青年塾総本部福岡県北九州市小倉北区紺屋町8-1に本拠を置く日本の右翼団体。全日本愛国者団体会議加盟団体。

街宣車画像
殉国青年塾総本部

略歴
◎愛国心と起因
昭和20年の大戦後、焦土と化した国内に於いて、占領された悲壮感漂う国民や帰還兵の惨めな姿に比べ、進駐軍の我が物顔で闊歩する態度と占領政策等に不満を募らせ、明治大の学生を中心とした「愛国心旺盛な若者」を集めて占領軍の横暴に対抗する目的で、相撲関係者で有った大元氏が民間防衛組織「殉国青年隊」を結成した。
その組織に寺岡敏夫(当塾初代)が青年時代に籍を置き活動をしていたが、その後、発起人の逝去と共に組織は自然解散した。
◎出会いと起点
昭和41年3月、大東塾加藤三之輔氏(北九州・カネミ倉庫会長)との御縁で北九州市小倉南区石原町の神道・霊雲洞「眞光会」にて、笹川良一氏(日本船舶振興会々長)・頭山立國氏(頭山満翁の孫)・西郷隆秀氏(西郷隆盛の孫)及び、県内の著名人多数が集う尊皇愛国の会「観桜会」の受付を初代(寺岡敏夫)が担当をした。
その席上、自己紹介にて以前在籍していた組織名を捩って「殉国青年塾々頭」を名乗った事が当塾の名称由来で、同時に当塾の起点でも有る。
その後、西郷氏・頭山氏の両先生には当塾(殉国青年塾)の特別顧問として御着任を戴いた。

◎組織加盟
昭和45年6月25日、日本最大の民族派組織で有る全日本愛国者団体会議(本部、東京、)へ、笹川氏が全愛顧問で有った関係から、九州地区へ加盟をした。
同年11月25日「盾の会」代表、三島由紀夫並びに森田必勝両氏が決起した「東京都、市ヶ谷駐屯地」での自決事件に対しては、初代・寺岡敏夫も追従を仄めかす等、激しく衝撃を受けたが、当時の過激派の学生運動にも危機感を募らせていた事も重なり急速に愛国運動への弾みが駆かった。

◎体勢確立
昭和46年1月14日、当塾創立者でも有る初代が父親でも有った事から必然的
に感化された寺岡 誠(長男)が同志三名と共に入門した。
又当時、福岡大学教授でも有った憲法学者の「森三十郎先生」より街宣車両を
御提供戴き、併せて当塾の相談役へも御着任を戴いて民族思想・唯物史観論等
の御指導を仰いだ。

◎活動の軌跡
昭和47年、沖縄での日教組大会を前に、全愛会議の空白地域で有った沖縄へ
九州地区長として初代が一ヶ月前から単身滞在。地元有識者との折衝説得にて
沖縄正義党(総裁・又吉茂夫氏)を発足。同党の協力を得て、沖縄での糾弾街
宣には多大な成果を納めた。又、同党には沖縄地区長として全愛会議へ加盟戴
き、全愛会議が名実共に全国組織と成った。

◎飛躍と節目
昭和48年「殉国青年塾・結成八周年」小倉ホテル(北九州)にて、全国の同友同志が多数列席して盛大に披露宴を催した。それを縁に治安確立同志会・青論社・大日本愛国党・猷存社・愛国宣戦社・沖縄正義党・青年愛国党・国粋青年隊・松魂塾・国士塾・日本同盟・日本青年社・大日本生産党・皇民党・日本革新党等、多方面の民族派団体との交流が更に深まり、それ以降友好団体と共に全国各地へと活動の場を拡大させた。

◎大同団結
その後、西日本地区の総結集を目指した「西日本愛国連合」や「薩長土連合・理事長、稲本虎翁氏」(現、西日本獅子の会)等にも加盟した。
◎過激派との論戦
昭和53年10月、寺岡 誠が雄弁論客で知られた、故河野福太郎氏(日本同盟・熊本県)の指導を受けて情宣局長と成り、放射線漏れ事故を起こした我が国初の原子力船「むつ」の廃船を求める過激派・左翼労組等三万人抗議デモ集会を前にして、怯む事無く佐世保駅前にて民族派を代表して街宣車上に立ち、将来石油資源の枯渇を考慮し「むつ」の安全性と原子力問題及び核の平和利用を市民に訴え、更に廃船を求める反対派の不当性を痛烈に批判する等、1時間に及ぶ本格的な初演説と論戦を行った。

◎憂国講演会
昭和54年、紫水会館(北九州)にて、俳優の故鶴田浩二氏を講師に招いて題名を
「憂国・現況のまま時代が推移すれば日本は滅びる」の講演と懇親会を催した。

◎地元の結束
昭和56年、初代が友人の田中幸登氏に勧めて殉国洞海塾(北九州)を発足させた。
続いて殉国国斂塾(北九州)殉国誠士塾(福岡県芦屋)大日本菊政党(福岡県小竹町)日本安政塾(北九州)等の近郊団体を結集させて、「北九州民族協議会」を設立し、寺岡敏夫(当塾の初代塾統)が初代会長に就任した。
又、提携団体として全愛会議加盟の大日本興友会々長・呉石謙治氏(山口県)並びに大日本国誠連合加盟の大日本政鈴会(山口県)の団体設立にも初代が深く関わり、以来現在も良好な関係に有る。

◎組織拡充
昭和57年6月、北民協とは別に「殉国大和連合」の組織名の元に当塾関連団体を結集し、構成員約80名と街宣車輌大小(10台)等で組織の拡充を計り、殉青本部ビル1階には青少年の養成修練空手手道場「正道館」等も開設して、全国各地より民族派の同志を招待して盛大に披露宴を催した。

◎活動成果
昭和58年6月、長崎県島原市での「日教組大会」では、開催前の一ヶ月間を全愛会議九州地区は基より、九州近郊の民族派団体の協力を得て連日の大会阻止行動街宣を行った事により、史上初の本大会場を分裂開催に迄追い込んだ。

◎天誅と発足
昭和59年8月、「北方領土奪還・日教組打倒」を掲げた看板の撤去と破棄処分の命令を下した長崎県大村地裁に対して、謝罪を求める為、関係判事を事務所内に監禁して拳銃で立て篭もった事件、及び「昭和天皇陛下」が御闘病中で有るにも係わらず、卑劣な「戦争犯罪論」で天皇批判を繰り返した本島 等元長崎市長に対し「天誅」を下した「正気塾」(塾長・故、若島征四郎氏・長崎)の結成には初代が直接関わった。
昭和54年12月3日~4日「李 王朝」へ、皇族「梨本宮家」より嫁がれた「李 方子様」が、韓国の身体障害児の社会復帰を目指す為、支援活動を趣旨とした福祉法人「明恵会」(東京)を通じて御皇室にも関わりが深かった「四季ケ丘」(現、北九州市門司区市営植物園)へ御立ちよりに成られた際、私的な日本訪問の為、当局警護が一切行われなかった事から万が一を想定し、日本滞在中の極秘任務として「方子様」の身辺警護を元、園長の矢野徳助氏より当塾が緊急要請を受け、当時・組織局長の寺岡 誠が単独48時間の特別警護任務を賜った。翌日、韓国へ戻られる為、妃殿下(方子様)の希望に依り福岡県岡垣町の松原海岸で昼食、妃殿下と記念撮影後に裏街道を抜けて空港へ急いだが、途中警ら中の県警の白バイに停止を求められたので事情を説明し、一部区間の先導を戴き空港まで御送り申し上げた。
待合室にて妃殿下より「今後も日本の為に頑張って下さい。」との励ましの御言葉と併せて直筆署名入りの色紙額と御礼を賜った

◎再編成と変化
昭和59年、北民協加盟が激減し、休眠状態に陥った為「北民協相談役と全愛九州地区長」を兼任の寺岡敏夫氏が再度「北民協」の会長へ復帰し、全愛会議九州地区の活性化と地域団体の育成を主旨として、殉国青年塾・自由青年集団北州菊守会日本同盟福岡県本部大日本維新党九州本部(旧、沖縄正義党)・護国献身隊国綏誠士会寺岡 誠・殉青内独立)等の北九州近郊に本部を置く全愛加盟団体と殉国洞海塾(全愛友好団体)を合流させて再編成を行った。然し翌年1月、寺岡敏夫(初代)が病気療養中で有った為、北民協の会長及び全愛会議九州地区長の後継に皇国憲政会々長・井上俊輔氏(現、皇國道友連合総裁)を指名し、その後の活動と発展を託した。

◎別れと襲名
昭和31年、初代が地元組関係者とのトラブル(その後、加藤三之輔氏の仲裁で手打ちをした)で三十代前半に受けた2発の銃撃と刀傷8ケ所の手術等(輸血)が元で、兼ねてより患っていた肝臓が更に悪化し肝臓癌へと移行し、再検査入院後の僅か二ヶ月足らずの昭和60年6月2日、享年57才の若さで志半ばに他界した。
密葬は仏式で行ったが四十九日の法要後、寺岡 誠が初代の遺志を尊重し「招魂祭」と「御霊移し祭」(当家の祭儀様式が神社庁発行の書籍に掲載されている。)を行い神道に改宗し、奥津城(神道墓)を建立した。
 同年8月、地元北九州市小倉北区「サンレー紫雲閣」にて全国各地より二千名近くの友人・同志が参列した全愛会議と殉国青年塾合同に依る、全愛会議永世議長「寺岡敏夫大人命」の本葬告別式を執り行った。
 葬儀委員長の故荻島峰五郎氏(全愛会議々長)より参列各位への代表挨拶で、寺岡 誠(当時、国綏誠士会々長)が意思を継承し、二代目に就任をするので、初代同様に交誼を頼むと襲名披露。
 告別式の終了後、街宣車両二百台余りで、北九州市内一円の追悼街宣を行って初代との別れを惜しんだ。
同年10月1日、寺岡 誠が殉国青年塾と国綏誠士会を合併させ、全愛会議の荻島峰五郎議長並びに岸本力男理事長両先生を当塾の最高顧問として御着任戴き、二代目・殉国青年塾々統の襲名を会葬御礼と併せ、書状を以て全国の諸先輩並びに同憂同志へ披露した。

◎地域活性化(四共闘会議)
昭和62年4月、北九州民族協議会の五代目会長へ就任した寺岡 誠(殉国青年塾)が友好関係に有った呉石謙治会長(大日本興友会)・奥田豊将総長(大日本晃勇社)と協議し、山口県民族協議会筑豊民族協議会の名称で組織を結成させたのでそれを機に、同年、下関市の韓国系フェリ会社の抗議街宣で合流した折、浦野正夫会長(大日本国誠連合)にも提携を申し出て、翌年、下関市で初会合を開き、九州・山口共闘会議(四共闘)が発足した。
 それ以降、北民協も九州各県を始め関東関西等へ、共闘会議並びに全愛等と連携して活動の場を拡大させた。

◎塾外教育部門
平成12年と13年の8月、真玉温泉(大分県)にて、大日本国誠連合総本部浦野正夫会長」の要請により、両年とも合宿二日目の午後から三時~四時間二部に分けて「民族派とは何か?」等の勉強会を実施した。
 勉強会の講演内容は当時の北九州速報通信社及び、寺岡 誠著書(非売品・特別頒布)等に掲載。

◎全愛会議決議事項「竹島の日」
平成14年11月6日、全愛会議第45回全国大会(東京・九段会館)の席上にて、寺岡 誠(全愛相談役・殉国青年塾々統)が「竹島の日」提唱者として紹介され、趣旨と理由説明を求められた。
 依って、韓国に武装占拠された昭和29年の「10月28日」を「竹島の日」として我が国に早期法制化を要請する為には火急なる世論喚起が必要で、その為には国が制定する気が無い現状下に於いては民族派が国に先駆けて「竹島の日」を制定し、例年の定期街宣を以って国民へ広く浸透させる事こそが重要で有ると切実に訴えた。
 更に、「韓国の国際法違反や歴史の捏造」と「竹島武装占拠迄の経過及び現状」等の説明を行い、全愛執行部並びに出席団体同志全員に対して提唱趣旨への賛同を御願いと「全国各地の協議団体及び同志に提唱趣意書を郵送する等で呼掛けて、既に韓国大使館並び領事館等に対し平成14年8月~10月に掛けて全国規模の抗議街宣を実施した経過も説明。
 今後は「北方領土の日」と同様に、毎年「竹島の日」「反韓国デー」の名称で全国統一抗議街宣を全愛会議が主導して行うように強く訴えた事により、今後は「10月28日」を「竹島の日」と定め、全愛会議の最重点課題にすると全会一致で採択された。

◎青年思想研修会
平成15年9月、苦菩提山の修練場にて治安確立同志会総本部(福岡県)等との合同合宿で、二日間に渡り勉強会を実施した。

最高幹部
塾 統 - 寺岡 誠
相談役 - 片山与八
参 与 - 生田賢治
幹事長 - 大山晴海
理事長 - 宇津宮秀人
本部長 - 林 吾郎


この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。

  • 最終更新:2011-06-14 14:45:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード